亀の甲石

亀の甲石は愛知、長野、岐阜の三県が接する三国山の山頂付近にある、ソレーアイト質カンラン石玄武岩で、亀甲型柱状節理が発達し、柱状の方向が総て岩体の延長方向に垂直な水平位置にあるのが特徴です。(県指定天然記念物)