「エネルギー問題」と「地球環境問題」は、現代の、そして未来へ向けての大きな課題です。石油はあと40年で使い果たしてしまうと予測されています。世界各地で、地球温暖化の影響によるものと思われる異常気象が心配されています。こうした中、エネルギーの課題も、安定供給、経済性から、省エネルギーや新エネルギーの導入へと変わってきました。このような情勢を背景に平成17年2月、北北西の強い風が吹く「面ノ木」に風力発電所が建設されました。発電された電力は全て中部電力(株)に売電されます。

データ
風力発電へ行く道に立入禁止の看板がありますが、風車を見に行かれる方は、通行できます。
※生徒のハイキングコースのため、暴走車等の事故防止、火災の恐れなどのために立てた看板です。ご理解下さい。